2018年

1月

06日

2018/1/20(土)AM9:50~ ドキュメンタリー映画上映会 「辺野古ゲート前の人びと」

2018-1-20 辺野古ゲート前の人々 上映会ちらし.pdf
PDFファイル 186.8 KB

 

森の映画社作品:2017年/98分  

監督/藤本幸久・影山あさ子 http://america-banzai.blogspot.jp/

 

※名護市長権限で辺野古漁港の使用許可を出さず、基地建設を具体的に止めている稲嶺市長の選挙が来月にあるとのことで、札幌でも現地の状況を知るために急遽企画しました。

 

◎日時2018年1月20日(土) AM9:50 (開場15分前)

 

◎会場:札幌市教育文化会館 4階 講堂

 

(札幌市中央区北1条西13丁目 地下鉄東西線西11丁目駅徒歩5分)

 

◎参加費:カンパ制 ・予約不要

経費を除いた収益は沖縄の辺野古基地反対のために使います)

 

おきなわ 辺野古基地情報:http://www.city.nago.okinawa.jp/10/9108.html (名護市役所ホームページより)

続きを読む

2017年

11月

24日

≪終了しました≫責任編集者が語る!! 「”家族写真をめぐる私たちの歴史”を紡いで見えてきたもの」

☆ 責任編集者が語る!!
「”家族写真をめぐる私たちの歴史”を紡いで見えてきたもの」
お話:皇甫 康子さん(ふぁんぼ かんじゃ・1957年大阪市東淀川区で生まれ兵庫県で育つ在日朝鮮人2・5世。「ミリネ」代表。本書責任編集。小学校講師。
◎日時:2017年11月24日(金)18:30~20:30(開場:18:15)
◎会場:ギャラリー茶門(札幌市東区北9条東7丁目 市営住宅1号棟1F)
◎参加費:予約1300円(当日1500円)終了後、希望者で懇親会あり(料金別途)
お申込み・お問合せ:whats.everything@gmail.com
https://whats-everything.jimdo.com/ 
共催:フェアビジョン編集局・what’s ・ギャラリー茶門

 在日朝鮮人、アイヌ、被差別部落、沖縄、外国人女性等、さまざまな境遇にある女性たちが、家族写真を通して、自分のルーツを紐解き体験をつづった「家族写真をめぐる私たちの歴史」。この本の責任編集者、皇甫 康子さんをお招きして、この本を作りたいと思った理由や、編集する中で感じたこと、出版後執筆した女性たちと全国でブックトークをするなかで改めて気が付いたこと等、ざっくばらんにお話いただきます。
執筆者の女性たちが、自分たちの家族のおかれた歴史を振り返り、自分が育った環境、そこで感じてきた痛みや葛藤と向き合う中で書かれたこの本が、出版後、読者やブックトーク参加者の中に様々な気づきを呼び、人と人を結びつけていきました。
「家族写真」をめぐる旅に、あなたも参加しませんか?

2017年

10月

10日

≪終了しました≫2017年10月14日(土)岡村淳のブラジリアン・ナイト ドキュメンタリーで知るブラジルの多様な世界  ~大アマゾンから心霊画家まで~

ブラジル在住の岡村淳監督作品を,監督ご自身のコメントをいただきながら、観る会です。
大アマゾン先住民、大アマゾン動物体験、ブラジルの心霊画家、ブラジル勝ち組老人の証言から日本の憲法9条をめぐるパフォーマンスの記録、そしてブラジル移民と北海道の野性を結ぶレア作品まで、 お客さんで討議して観たいものを選ぶお楽しみ上映会!ぜひ、ご参加ください!

続きを読む

What's New

2016/3/5原田宏二さん 「犯罪捜査学入門」出版記念紀伊國屋トークショー 「変貌する警察ーあなたは警察組織から身を守れるか?」
ユーチューブにアップしました。

 

<お問い合わせ>

whats.everything@gmail.com