≪終了しました≫子どもたちの命と健康を守るパネル展

今やごく一般的な言葉となった発達障害(ADHD)。その治療薬は、就学前の子どもにも処方されるようになりました。でもどうして、急に増えたのでしょう?

このパネル展では、精神医療の歴史と現状について、さまざまな写真や映像資料でご紹介します。

子どもの病気と医療、そして薬について考えるきっかけになれば幸いです。正しい知識を得ることは、子どもの命と健康を守ることにつながります。ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。

会期中、エルプラザ内で会場が取れたら、精神薬について話し合う「サードオピニオン会」も開催する予定です。詳細決まりましたらホームページにてお知らせします。

共催  全国オルタナティブ協議会北海道支部(準備会)what’s

協力 市民の人権擁護の会日本支部代表世話役 米田のりやす

後援 社会福祉法人七和会理事長 牧野きよし

連絡先 080-5599-9195(牧野) whats-everything@gmail.com

ツイッター↓

What's New

2016/3/5原田宏二さん 「犯罪捜査学入門」出版記念紀伊國屋トークショー 「変貌する警察ーあなたは警察組織から身を守れるか?」
ユーチューブにアップしました。

 

<お問い合わせ>

whats.everything@gmail.com